会社設立にかかっていった開業費とは何か

開業費の計上と扱い

開業費は、大切な費用です。原則としては、営業外費用として、支出時に処理しなければいけません。償却することも出切るようになっていますが、5年以内と定められており、定額法を使っていくことに決められています。効果が期待できなくなったものに関しては、一時に償却しなければいけないという定めもあるのが要注意です。これが会計の考え方の基本ですが、償却していくのは効果が継続して存在しているからであり、存在していないものは償却することもできないため、一時に償却する必要が出てきます。

お金税務上で見た場合には、開始事業年度であれば、全額損金として参入することも可能です。実は会計上と法人税法上では扱いが異なってきます。税務上でとらえた時には、自由に好きな額を償却できるとされているため、異なった扱いになるでしょう。では、どちらに従えばいいのかということでは、会計基準に則って処理をしていきますが、申告調整を行えるため、初めから財務上の処理をして自由に時期を選んでいくことになります。

いつ費用化するべきかといえば、自由なのですから有利な時期を選ぶといいでしょう。節税を考えれば、すぐに利益が出るなら創立年度内が適正です。逆に利益が少ないなら、少々待ってからおこなう方が得でしょう。


開業費の計上と扱い
Previous post
開業費とは
Next post